スーツをクリーニングに出す頻度ってどれぐらい?

新社会人になってスーツをクリーニングに出したいんだけど頻度が分からない。

そんな時に見つけたのがこちらのサイト。

https://xn--88j6eta0jf5c6ducwq9c7de9803mnqoh.xyz/

スーツのクリーニングを出す頻度のことが超詳しいの。

値段や料金の相場の話や小話まで書かれていたので参考になりました。

料金は?

スーツをクリーニングに出す際の料金や頻度って分からないですよね。

ちょっと話は変わりますが筋トレの話をさせてください。

ただ筋トレをするだけなら筋肉の質量が大きくなると思うのですが、野球の話で恐縮ですがイチローは体を大きくする事はかえって体に負担をかけて特に日本人は、そうした思考を外国人に重ね合わせて考える事もありますが、それは絶対駄目だと言ってました。筋肉を増やす事と、体を引き締める事はちょっと違うとは思います。スーツをクリーニングに出す頻度はマチマチ。

始めて一ヶ月ぐらいすると体がやはり格闘技をやっている体になってくるんですね。鏡の前でゆっくりした動きで、足の感覚を覚えるためにジャブをやるわけですがこれが結構体に負担がある。

宅配クリーニングの方が良い?

太極拳がよくゆっくりとした動きではあるけど、汗をかいているわけです。ゆっくりとした動きはかえって脂肪の燃焼に役に立つのだと思います。二ヶ月もするとお腹の贅肉はすっかりなくなり、この頃にはサンドバックもミットうちもやらせてもらえるのでそこまでが辛抱ですね。宅配クリーニングでスーツのクリーニングをお願いした方がいいのかな

ただボクシングには色々負の部分もあります。たとえば維持費です。バンテージ買ったり、マウスピースをかったり会費を払ったり、なんやかんやでお金がかかるスポーツなんですよ。スーツのクリーニングも頻度が増えればその分、お金がかかります。

プロの人は4回戦だとファイトマネーは約5万円程度ですが、この中から会費やトレーナー料を引かれるのでほぼ残らない事になります。結構皆さんは世界戦で汗拭いたり色々している人は、無料奉仕でやっているかもしれないとか(亀田親子みたいなのは家族でやるので無料でしょうが、稀なケースですね)思われますが、これはプロであろうとアマチアの大会であろうと、ジムには値段票がしっかり書かれておりその通りに支払う事となっています。スーツのクリーニングのクーポンみたいなのがあって頻度が増えれば安くなるところもある。

うちは大体一人6000円くらいの筈なので、大きなアマチアの大会にはそこそこお金が必要となるわけです。ジム対抗とかだと必要がないんですが、経済的に自分は当時余裕はありませんでした。

カテゴリー: ライフスタイル | コメントする

マイプロテインの紹介コードでルバーブ&カスタード味を試した話&ボクシング

マイプロテイン紹介コードを使ってルバーブ&カスタード味(インパクトホエイプロテイン)を購入。

ダイエットに挑戦中。私はボクサーなんですが、マイプロテインのサプリを使って減量をどこまでできるか検証したかったのでブログを立ち上げてみました。

今回はボクシングを始めたキッカケをお話できればと考えています。

若い頃なんですが、市場の先輩にプロのボクシングをやっている人がいました。肥満気味の私は当時ある漫画が好きで、ボクシングをやってみたいと思ってました。ダイエットと同時に虚弱体質という事もあり、病気にならないような体を作る為に鍛えて勤務に支障がないようにしようと体質改善も目的でした。マイプロテインの紹介コードで買ったルバーブ&カスタード味のインパクトホエイプロテインを飲めば筋肉がつくことで脂肪の燃焼効率を上げると同時に、仕事も割合力仕事もあるので楽になると思い始めました。ちょうど時期的にはラクバシンと畑山さんが世界タイトル戦で、実はうちのジムからも4回戦で前座ででてました。若干自分に出来るかどうかが心配で、別にプロを目指すつもりもないのですが、練習生としてやってみる事にしました。ちなみに会社の先輩は六回戦のjrウェルター級の選手でした。試合は見に行ったことはないのですが暫くして引退したようです。このジムの先輩たちもマイプロテインの紹介コードを使って色々なサプリメントを試していたそうです。

ボクシングはかなりのハードなんですよ。マイプロテインの紹介コードを使って買った持久力がつくようなサプリメントとインパクトホエイプロテインのルバーブ&カスタード味を買っても結局は自分の努力次第。自分もボクシングをやる前にはランニングで7キロ程度は走れるように鍛えてましたが、実際やってみると最初はサンドバックは叩かせてもらえないで、基礎トレーニングばかりなんですね。たとえば鏡でジャブの練習をしますが、これを8ラウンドこなすんです。これを三分、三十秒インターバルで行います。ファイティングポーズは慣れないと実に窮屈であります。そこから左足の感覚を覚えジャブの間合いなどを学んでいきます。他のプロボクサーの為に、たえずヒーターは炊かれており入った当初はこの暑さになれるのが大変でした。試合前でなければヒーターは炊いてませんが、減量中の人に合わせてやるのが暗黙のルールだったように思えます。どこのジムでもやっている訳ではないとは思います。素人ながら先輩ボクサーには頑張ってもらいたいと思いました。今回は私がボクシングを始めたキッカケとマイプロテインの紹介コードを使ってインパクトホエイプロテインのルバーブ&カスタード味を購入している内容の紹介でした。

使い方に関しては下記のサイトを参考にしました。

マイプロテイン

カテゴリー: マイプロテイン | コメントする